2010年10月18日

FXで使われる言葉にスプレッドというものがあります。

FXで使われる言葉にスプレッドというものがあります。

スプレッドというのは、外貨を売買する際の、売値と買値の差額のことです。

為替レートを見てみますと、それぞれの通貨の現在の値が載っているのですが、 BidとAskとでは、少し値段が違いますね。

外貨を買いたい時はAsk、売りたい時ははBidの値を見て、取引をすればいいのですが、 FXでは、このスプレッドの額は、FX取り扱い会社に一任されています。

手数料も業者によって差がありますが、スプレッドも統一されたものかと思っていましたが、 そうではないのですね。

またスプレッドは同じFX取り扱い会社でも、通貨によって違いがあります。

円と米ドル、ユーロのスプレッドは安く、円と豪ドル、NZドル、 スイスフランのスプレッドは高い傾向にあるようです。

FX業者にスプレッドの額が一任されていると言っても、 買おうとする人に出来るだけ高く買わせ、 売ろうとする人に出来るだけ安く売らせる、という不正な値をつけるFX業者が

出ないように、FX会社では、ほとんど注文の際に「2Wayプライス」と言って、 売値と買値の両方を提示するようになっています。

このおかげで不正なスプレッドをつけることができないので、 安心して売値と買値を見比べながら、取引をすることができます。





posted by FXとは? at 2010年10月18日 00:55 | FX
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。