2011年01月17日

外貨預金はオンラインでのFX取引が、盛んになる前から、資産運用方法です。

外貨預金はオンラインでのFX取引が、今のように盛んになる前から、 外貨を使って行われていた資産運用方法です。

外貨預金は、銀行で外貨を買って口座に預けておきます。 普段利用している銀行でできる気軽な外貨取引と言えます。

外貨預金のメリットは、日本円に比べて金利が高いということです。

日本円のままで持っておくよりも外貨で持っているほうが、いくらか有益になります。

FXで、これに当たるのはスワップポイントです。ポジションを持つことにより、 金利の高い外貨のスワップポイントが受け払いが生じます。

また日本円で引き出す際に、為替変動により、 円安のときであれば為替差益が得られます。

FXでは外貨を買って、円安で、買った値よりも上がれば、 売ることにより為替差益が得られます。

外貨預金では、円高が進んだときには投資できなくなりますが、 FXでは円高のときでも外貨の売りからスタートできるので、利益を得るチャンスがあります。

また外貨預金は手数料が高い傾向があり、FXは比較的安く、無料のところもあります。

税金も外貨預金はFXよりも、高くかけられる傾向があります。

同じ外貨を使った投資方法でも、両方のメリット、デメリットを知った上で、 投資を始めたいものです。

携帯の待ち受けの壁紙を変えました。携帯の待ち受け画面の壁紙は、ただ今家族の写真です。今年は統一地方選挙なので、堤燈の需要は大きいでしょうね。選挙事務所で提燈を良く見かけます。





posted by FXとは? at 2011年01月17日 05:58 | FX
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。