2011年02月26日

FXでの注文方法にはストップロスオーダーというものがあります。

FXでの注文方法にはストップロスオーダーというものがあります。

FXで使うストップロスオーダーとは、どういう注文方法なのかと言うと、 あらかじめ決めておいた不利な値段になったら、決済するという注文方法で、 逆指値注文とも言います。

例えば、1ドル120円のときに一万ドル買ったFXのポジションがあったとしたら、 1ドル117円になったら決済したい、という注文のことがストップロスオーダーです。

FX取引では、相場の下落ということはよくあります。

毎日、少しずつ上がったり、下がったりということを繰り返しています。

少しずつ下げが続いていても、いつかは上がる、 とポジションを保持し続けるのもいいですが、 それだと思った以上の下落があったときに対処できません。

急に120円で買ったドルが115円にまで下落してしまったとき、 一万ドル買っていたといたら、損失は5万円になってしまいますが、 ストップロスオーダーをかけておくと、3万円の損失ですみます。

FXで損失を大きくしないためには、 こういう注文方法を上手に使うことがコツと言えるのかもしれません。

長い目で見て、FXで利益を増やそうと考えている人は、 新規注文の時には必ずストップロスオーダーも出しておくと、 決済のときにマイナス金額が少なくなって、利益につながります。

のお求めは、トロフィー工房
トロフィー、メダル、優勝カップ、楯の販売を行っております。

ラルフローレンベビー服
ラルフローレンのベビー服、子供服販売サイト ラルファニア。

横断幕 製作
オリジナルプリントにて横断幕を製作、1枚から法人様向け大口枚数まで制作、販売いたします。





posted by FXとは? at 2011年02月26日 12:31 | FX
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。