2011年03月19日

外貨建てMMFは外貨の国債や地方債などの格付けの高い商品が運用先になっています。

FXや外貨預金と同じく、外貨を使った資産運用の方法に、外貨建てMMFという言葉がよく聞かれます。

MMFというのはMoney Management Fundの略で、国債、地方債、格付けの高い会社の社債、 コマーシャルペーパーなどの格付けの高い高い債券などを用いて、 証券会社が運用している投資信託の一種です。 元本はほぼ確実に戻ってきて預金よりは高い金利が受け取れます。

外貨建てMMFはその外貨版ともいえる物で、 外貨の国債や地方債などの格付けの高い商品が運用先になっています。

FXと比較してみますと、為替スプレッドは外貨MMFが50銭程度、FXが5銭程度で、 FXのほうが安くなっています。 外貨MMFは証拠金の取引ではないので、ローリスク、ローリターンとなりますが、 FXはレバレッジのかけ方で、ハイリスク、ハイリターンとなります。

外貨MMFは外貨が高くなると予想できるときしか買えませんが、FXは高くなりそうでも、 安くなりそうでも、利益のチャンスがあります。

しかしFXは日本の金利が上がれば、スワップポイントは低くなる可能性がありますが、 外貨建てMMFは外国の金利が下がらない限り、安定した金利が受け取ることができます。

シール
高品質・低価格・短納期のシールを全国にお届けします。

法被
半纏、はんてん、法被、はっぴ、ハッピの販売-半纏工場





posted by FXとは? at 2011年03月19日 19:14 | FX
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。