2011年04月23日

金融商品取引法」を改正し、「金融先物取引法」としてFX取り扱い業者に法規制をかけることにしました。

FX取引をする時には、FX取り扱い業者と関わっていることになりますが、 その際に当然ですが、投資する人を守るための法律というものがあります。

しかし、従来はFXを取り扱う業者には、ほとんど法規制がなかったようです。

そのため、悲しいことに悪徳業者が横行して、 保証金を巻き上げられてしまう人が続出してしまったようです。

そこで金融庁は「金融商品取引法」を改正し、 「金融先物取引法」としてFX取り扱い業者に法規制をかけることにしました。

定められたことは、金融先物取引業者としての国への登録が必要、 広告ではリスクについても明らかにしなければいけない、 呼ばれてないのに、勧誘電話や訪問することの禁止、 勧誘時に「必ず儲かります」「損失は補填します」などと言ってはいけない、 適切な自己資本比率の保持ということです。

わかりやすく考えると、国への登録番号を明示してない業者、 広告に「必ず儲かる」と書いてある業者、勧誘電話がかかってくる業者、 勧誘時に「必ず儲かります」、 「損失は補填します」と言ってくるFX業者は選んではいけないということになります。

FX取り扱い業者を選ぶときには、こういうところにも注意しなければいけません。

半纏(半天,はんてん)・法被(はっぴ,ハッピ)の販売
法被





posted by FXとは? at 2011年04月23日 07:28 | FX
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。