2011年05月06日

FX取引をして利益が出た場合の税金は雑所得として処理されます。

FX取引をして利益が出た場合の税金は雑所得として処理されます。

雑所得は年間給与所得が2000万円以下で、 かつ給与所得と退職所得以外の所得の合計額が20万円以下の場合を除き、確定申告が必要。 他の所得と合算して税を計算。必要経費を差し引くことができる。 他の雑所得と損益通算計算ができる。 雑所得全体でマイナスになっても、他の所得と通算することは出来ない。

という扱いになります。

他の所得と合算して税を計算するということは、FXであまりにも利益がありすぎると、 給料にかかる税率も高くなってしまうおそれがあります。

例えば、課税所得金額が450万円の人は、税率が20パーセントで90万円の税金になりますが、 FXで300万円の利益があったとしたら、合計750万円で、税率が30%となってしまい、 135万円の税金になってしまいます。

FXでせっかく利益をあげても、税金でこれだけ取られると、 トータルしてあまりプラスにならないようになりますので、注意ですね。

「くりっく365」でFX取引を行えば、申告分離課税をとるので、税率は一律20%になります。 FXでたくさん利益をあげたいときは、税金のことも考えておかないといけないですね。

渋谷の過払い金返還請求・債務整理

立川市・八王子市(日野市・国立市・国分寺市)の過払い金返還請求・債務整理

横浜の過払い金返還請求・債務整理

武富士・アコム・アイフル・レイク・プロミスの過払い金返還請求・債務整理

丸井エポスカード・セゾン・オリコ・ニコス・セディナの過払い金返還請求・債務整理

東京の過払い金返還請求・債務整理

大阪府(大阪市、梅田、吹田市、豊田市、東大阪市)の過払い金返還請求・債務整理





posted by FXとは? at 2011年05月06日 06:23 | FX
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。