2010年12月22日

FXのキャリートレードとは

FXをやっていると、時々「キャリートレード」という言葉も目にします。

FXの分野でキャリートレードというのは、円やフランなどの金利の低い通貨で資金調達をして、 豪ドルやNZドル、ポンドなどの金利の高い通貨で運用することで、利益を得る投資法です。

FX取引で、金利の安い通貨で、金利の高い通貨を買っておくと、 その金利差分のスワップポイント受け取りが発生し、マーケットが休みの土日でも、 毎日受け取り続けることができます。

FXのポジションを保持(キャリー)することによってスワップを受け取り続けて、 利益を得る取引方法なので、スワップポイント狙いで、FX取引を行っている人は、 キャリートレードをしているということになります。

ただ、長期でポジションを保有し続けるということは、途中で相場の急変があった場合に、 いくらスワップポイントで利益が上がっていても、為替差益で、 トータルではマイナスになっているということもあるので、注意しなければいけません。

FXでキャリートレードという時に、単にスワップポイントを稼ぎ続けるということの他に、 スワップポイントで稼いだ外貨で、さらに株式や債券など、他の物に投資して二重、 三重に利益を得ようとすることも言うようです。

独り身だとフロシキがあれば、それだけで荷物が纏まってしまいますね。





posted by FXとは? at 2010年12月22日 06:32 | FX

2010年12月07日

FXでも株と同じように、一日でポジションを決済してしまうデイトレードということは可能です

FXでも株と同じように、一日でポジションを決済してしまうデイトレードということは可能ですが、 FX独特の利益であるスワップポイントが受けられないというデメリットもありますので、 一日で利益を上げようとするのは、かなりのタイミングとテクニックが必要な感じがします。

テクニック的なことは、レバレッジを上手にきかせると、大きな利益の可能性もありますが、 損失の可能性もありますので、要注意です。

でも相場の急変があったときに、ポジションを持ち越さないというのは、 リスクを回避できるというメリットもあります。

デイトレードに向いている通貨は、価格変動率の高い通貨だと言えます。

米ドル・円、ユーロ・円、ポンド・円、ユーロ・ドル、ポンド・ドルなどが デイトレをやりやすいペアだと言えるかもしれません。

またFX取り扱い会社でも、デイトレード割引があったり、 手数料が無料になったりする会社が多くありますので、 そういうところを上手に利用して、利益をあげていければ良いと思います。

デイトレ手数利用が0円のFX会社は「ひまわり証券」、「アクロスFX」、 「サイバーエージェントFX」、「フェニックス証券」、「豊証券」、「FXCMジャパン」などがありますが、 デイトレードは通常取引に比べると手数料も安い傾向があるようです。

posted by FXとは? at 2010年12月07日 00:16 | FX

2010年11月10日

IFD、OCO、IFOというのはFXで有効な注文方法

FX取引の注文方法は、現在のレートを見ながら注文していく方法と、 あらかじめレートを予想して行う方法があります。

特にIFD、OCO、IFOというのはFXで有効な注文方法ですので、 簡単にどんなものかをあげたいと思います。

IFD注文は、「If done」のことで新規注文とともに、 その注文が有効になったときに初めて有効になる決済注文を同時に出す注文方法です。 必ず新規と決済を同時にします。

OCO注文は「One side done then Cancel the Other」のことで、 新規注文の指値買いと、新規注文の逆指値買い、または決済注文の指値売りと、 決済注文の逆指値売りという風に2種類の指値、または逆指値注文を同時に出しておき、 いずれか一方が成立したら、自動的にもう一方がキャンセルになる注文方法です。

IFO注文はIFDとOCOを組み合わせた注文方法です。

新規注文と同時に、その注文が成立したときに初めて有効になる決済指値注文、 また決済逆指値注文がワンセットで出せる注文方法です。

FX業者によって、やり方に多少差がありますが、大まかにいうとこういうことです。

FX初心者にはわかりにくい注文方法ですが、 損失を大きくしないためのFXには有効な方法だと思いますので、 これを理解してこそFXの楽しさもあるでしょう。

posted by FXとは? at 2010年11月10日 08:06 | FX

2010年10月18日

FXで使われる言葉にスプレッドというものがあります。

FXで使われる言葉にスプレッドというものがあります。

スプレッドというのは、外貨を売買する際の、売値と買値の差額のことです。

為替レートを見てみますと、それぞれの通貨の現在の値が載っているのですが、 BidとAskとでは、少し値段が違いますね。

外貨を買いたい時はAsk、売りたい時ははBidの値を見て、取引をすればいいのですが、 FXでは、このスプレッドの額は、FX取り扱い会社に一任されています。

手数料も業者によって差がありますが、スプレッドも統一されたものかと思っていましたが、 そうではないのですね。

またスプレッドは同じFX取り扱い会社でも、通貨によって違いがあります。

円と米ドル、ユーロのスプレッドは安く、円と豪ドル、NZドル、 スイスフランのスプレッドは高い傾向にあるようです。

FX業者にスプレッドの額が一任されていると言っても、 買おうとする人に出来るだけ高く買わせ、 売ろうとする人に出来るだけ安く売らせる、という不正な値をつけるFX業者が

出ないように、FX会社では、ほとんど注文の際に「2Wayプライス」と言って、 売値と買値の両方を提示するようになっています。

このおかげで不正なスプレッドをつけることができないので、 安心して売値と買値を見比べながら、取引をすることができます。

posted by FXとは? at 2010年10月18日 00:55 | FX

2010年09月19日

証券会社でFXを扱っていれば便利ですよね。

株や投資信託などにも興味があるし、FXも始めてみたい、という時には、 証券会社でFXを扱っていれば便利ですよね。

どんな証券会社がFXに積極的なんでしょうか。

まずはマネックス証券。

「マネックスFX」と「マネックスFXプロ」で、株と同時にFX取引も行うことが出来ます。

ただし口座は別になります。

オリックス証券の「オリックスFX」は低い手数料で、 香港ドルや南アフリカランドなどの通貨の取引も行えます。

かざか証券の「My外貨」は中国元や台湾ドル、タイバーツなどの豊富な取引通貨や、 デイトレード割引、また最大レバレッジ200倍と大きいのが特徴です。

ひまわり証券の「マージンFX」はデイトレ用の口座と通常口座の二つに分けて、 かなりFXに積極的に取り組んでいるように思います。

豊証券の「ゆかたFX」は手数料が0円、通貨ベアも30種類あり、その中には、 韓国ウォン・円もあります。

コスモ証券の「ネットレFX」はくりっく365にも参入していて安心して、 低い手数料で取引ができそうです。

また楽天証券でも「マーケットFX」でFXを取り扱っています。

取り扱い通貨は、8通貨ペアです。

イー・トレード証券は「E*TRADE FX」で人民元・円を含む16通貨ペアでのFXを取り扱っています。

posted by FXとは? at 2010年09月19日 09:59 | FX
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。